intellista

engineer's notes about application development, data analysis, and so on

Windows Insider Program

f:id:parupuntist:20210228001531p:plain
1月末、 Windows Insider Program のビルド期限が切れるということで Update をかけたのですが、何度も失敗して手間取りました。
Update 中に再起動を繰り返すようになってしまいました。
失敗したドライブは、保管していたバックアップドライブから上書きクローンで巻き戻し、それを何度か繰り返して、ようやくうまく行きました。
手動でUpdateの再起動をかけると失敗する、を夜中まで繰り返したので、翌日やろうと休止したところ、夜中に起動してUpdateがかかったらしく、翌朝には正常起動していました・・・ちょっと謎です。
上書きクローンするために、一体型PCを裏を開け、保管していたバックアップドライブを引っ張り出して取り付けたり外したりする必要がありましたが、もともと好きなので、その点は楽しめました。

Windows Insider Program は定期的にビルドの期限が来るので、もうやめようかな、と思ったのですが難しいことがわかりました。
Windows Insider Program の配信を停止すれば程なく抜けられると勘違いしていて、実は Windows Insider Program をやめるには現Verのクリーンインストールか次期Verのインストールが必要みたいです。
そこで Dev チャネルは少し不安になったので、一旦、リリース プレビューに変更しました。
が、期限が通知されたらまた Update が必要なので、起動しなくなったときに備えてバックアップドライブは保管して置こうと思います。
PCをバラすのはとても楽しいのですが少し手間なので、SDカードにディスククローンして新しいバックアップドライブを作っておきました。
ディスククローンには、Minitool ShadowMaker Free というフリーソフトを使っています。
相手のディスク容量に多少差異があってもうまいことクローンしてくれるところも気に入っています。
www.vector.co.jp

Windows Insider Program は、去年の夏ごろ Docker for Windows を試したくて参加しました。
Docker の前提として WSL 2 が必要ですが、Windows 10 Home にはもともと含まれていませんでした。
WSL 2 は、昨年の May 2020 Update に含まれるようでしたが、配信が遅れているようでした。
Windows Insider Program に参加すると導入できると知ったので、Dev チャネルに参加して Docker も無事に動かせました。
目的は果たせたのでその点ではよかったのですが、下調べが甘かったと反省しています。

ちなみに WSL 2 は次期 Windows 10 ではコマンドラインでインストールできるようになるみたいです。
www.atmarkit.co.jp